衆議院議員の足立康史

足立康史とは維新の党所属の衆議院議員として2012年に初当選し、2014年には2期目の衆議院議員として再度当選して活躍されています。足立康史の学生時代では学業以外にも水球に力を入れ全国大会出場する腕の持ち主で、大学では主将を務めることもありました。公式ホームページにも水球の画像がアップされています。また、海外のコロンビア大学院を修了しています。

足立康史は20年にもわたり霞が関での職務経験で経済政策や雇用、医療、福祉、社会政策など幅広く精通しています。他にも、ものづくり白書、ものづくり日本大賞などの担当となり、日本の低下してしまいつつる製造業全般の底上げにも力を注ぎ積極的に支援することもありました。
自身の公式ホームページでは政治についてのコラムや活動内容などを載せており政治について少し理解ができない方にも、政治について知りたいと思っているような私たちにも分かりやすいように面白い内容の切り口で現在の日本の問題や議会で話し合っていることなどが書かれています。また公式ホームページにはそれ以外も過去の選挙や活動、国会の動画なども載せてあり、ニュースを見逃した方や見直したい方でも気軽に見ることができます。さらに足立康史はツイッタ―でリアルタイムに思ったことなどをツイートしていることもあり、ネットを使っている今の若い世代に向けても分かりやすく政治のことについて自身の政治についての思いや意見など様々なことがが発信されているようです。

足立康史の政策として、日本国憲法の改正、集団的自衛権の行使を禁じた内閣法制局の憲法解釈の見直しに賛成したり、日本の核武装については今後の国際情勢によって検討するべきとしているようです。他にも、女性宮家の創設に反対したり、日本の環太平洋戦略的経済連携協力については賛成したりと確固たる足立康史の考えがあることを述べています。また、労働基準法の見直しについても主張するなど積極的に衆議院議員としての役割を果たしているようです。日本の政治について現在はいろいろな問題や課題がある中で一番良くしてほしいと思っている市民の私たちに代わって意見や考えなどの声を日本の政治家全体に届けてくれるパイプのような役割をしてくれる足立康史の今後の政治家としての活動や活躍がますます期待できるように思えます。また、声を届けてほしい私たちもこの姿勢を見習いもっと政治について理解をしていかなくてはいけないのではないでしょうか。

足立康史
http://oneosaka.jp/member/detail/adachi_yasushi.html  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新投稿記事

  1. マンションやアパート経営は、入居者を集めたり日頃の運営管理をしたりするなどと、行う業務が多く、労力が…
  2. 近年、企業の職務における役割に、感情を重視する傾向が高まっています。アメリカの心理学者、ポール・エク…
  3. デジタルデータソリューションとは?デジタルデータソリューションは、東京・銀座に本社を置くデータ復旧を…
ページ上部へ戻る