筑紫女学園大学 現代社会学部を受験する前に知っておきたいこと

筑紫女学園大学 現代社会学部は2015年の4月に設置予定の学部です。最先端の現代社会学部で学ぶ力を身につけます。また、4年制となっており、募集人数は190人となっています。初年度の納入金は入学金15万円を含む109万7160円です。
募集している学科とコースはビジネス社会コース、メディア社会コース、環境共生社会コースです。いずれも2015年4月に設置される新しいコースとなっています。

ビジネス社会コースはディスカッションにグループワークを通じてビジネスコミュニケーションについて学ぶことができます。メディア社会コースでは映像制作を行うことでメディアの特性を理解し、人間生活における影響を学ぶことができます。環境共生社会コースでは自然と人間の共生のために必要な知識や技能を学ぶことができます。

筑紫女学園大学 現代社会学部の特長についての紹介です。
学生が主体的に学ぶことができる多様な学習体験を通じて現代社会の問題を理解して行動できる能力が身につけることができます。アクティブラーニングと言われる授業を採用することで、知識の吸収も可能となりますし、課外研究やディスカッション、グループワークが授業に取り入れられていることでコミュニケーションや物事に対して取り組みを行う姿勢を身につけられます。

筑紫女学園大学 現代社会学部では、資格の習得も可能です。
世の中の市場動向、社会事象をとらえる社会調査士の資格を得ることができます。また、これ以外には浄土真宗本願寺派教師検定試験、実用英語検定試験、TOEIC、マイクロソフトオフィススペシャリストの資格を得ることも可能です。

筑紫女学園大学 現代社会学部が設立されたのは、時代のニーズに応えられる人材育成をが求められ手いるところがあります。現代社会は予測不能なところがありますし、数多くの問題を抱えているところもあるため、時代が求めている最先端の知識と能力を持った女性を育成することも目的としています。
卒業後の進路は金融、メディア、教育などを含めたサービス関連分野、街づくりなどの文化関連分野、調査・分析関連分野などでの幅広い活躍をすることができる可能性があります。

筑紫女学園大学 現代社会学部への受験を希望するのならば、一度資料請求をしてみるといいでしょう。資料請求は筑紫女学園大学 現代社会学部のホームページから行えます。もちろん進路に迷っている方でも請求する価値はあるでしょう。

筑紫女学園大学
http://www.chikushi-u.ac.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. マンションやアパート経営は、入居者を集めたり日頃の運営管理をしたりするなどと、行う業務が多く、労力が…
  2. 近年、企業の職務における役割に、感情を重視する傾向が高まっています。アメリカの心理学者、ポール・エク…
  3. デジタルデータソリューションとは?デジタルデータソリューションは、東京・銀座に本社を置くデータ復旧を…
ページ上部へ戻る