鹿児島国際大学の入試制度について

鹿児島国際大学は「東西文化の融合」「地域社会への貢献」を建学の精神とする、創立80年を超える歴史ある大学です。2000年に現在の鹿児島国際大学という名称へ改称されました。交換留学や海外語学研修などが盛んに行われており、国際化がすすめられています。またサークル活動も盛んで、平成27年度は弓道部が鹿児島県下大学定期戦個人戦で男子女子部門ともに優勝、団体戦では女子部門優勝・男子部門準優勝となるなど、目覚ましい活躍を見せました。

鹿児島国際大学の入学試験はAO入試、指定校推薦入試、一般入試など様々な方式に分かれています。AO入試は1期〜4期に分かれており、面談による試験となります。音楽学科だけは1期と3期の2回のみとなっています。1期〜3期の合格者には入学前課題学習が課され、課題が提出されなかった場合は合格取り消しとなることもあるので注意しましょう。指定校推薦入試は平成27年度の場合11月に行われ、面接による試験となります。指定校推薦入試とは別に一般推薦入試も行われます。一般推薦入試にも面接による試験がありますが、加えて小論文による試験も課されます。音楽学科では小論文による試験の代わりに実技試験があります。一般入試にはI方式(前期日程)とJ方式(後期日程)があります。I方式では国語と外国語は必須科目で、それに加えて日本史Bや現代社会、数学1・数学Aなどから1科目選択して解答します。試験会場は鹿児島国際大学のみでなく、福岡や那覇などでも受験することが可能です。これに対してJ方式では、試験科目は国語総合、現代文のみとなっています。ただしJ方式はI方式に比べて募集人員がかなり少ないので、その点もしっかりと考慮しておきましょう。また、J方式の試験会場は鹿児島国際大学のみです。音楽学科はI方式・J方式ともに試験科目が楽典と実技試験ですが、試験会場はその他の学科と同様に、I方式では福岡・那覇など数か所あるのに対しJ方式では鹿児島国際大学のみとなります。大学入試センター利用入試には、R方式、S方式、M方式があります。R方式(前期日程)・M方式(後期日程)は全学科にあり、音楽学科以外ははセンター試験の得点のみ、音楽学科はセンター試験の得点と実力試験の得点によって合否が決定されます。S方式は経営学科のみの入試方式で、専門高校や総合学科を卒業した人が受験できる方式です。これらの方式の他にも、HONORS特待生入試や編入学試験などといった入試方式もあります。

鹿児島国際大学
http://www.iuk.ac.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. マンションやアパート経営は、入居者を集めたり日頃の運営管理をしたりするなどと、行う業務が多く、労力が…
  2. 近年、企業の職務における役割に、感情を重視する傾向が高まっています。アメリカの心理学者、ポール・エク…
  3. デジタルデータソリューションとは?デジタルデータソリューションは、東京・銀座に本社を置くデータ復旧を…
ページ上部へ戻る